スキップしてメイン コンテンツに移動

台風5号 長寿記録歴代3位


マインドスター
「台風5号 長寿記録歴代3位が分かりました。長寿の秘訣、過去1位 1986年の台風14号では19日6時間存在すれば、史上初観測記録的短時間の恐れ、秋田県雄物川でも甚大な被害の恐れがあります現在は、温帯低気圧に切り替わりました。

第1位 1986年 台風14号(19日6日時間)

第2位 1972年 台風7号(19日0時間)

第3位 2017年 台風5号(18日16時間)

第4位 1967年 台風22号(18日6時間)


なぜここまで過去を超える現象の勢力が強いかと言いますと、気象庁によりますと、原因は強い風がなく南の海上を迷走をしし続いていました。 
台風が通過したエリアでも海水温も北陸では27度を勢力維持し発達をもたらし、1度上がっただけでもたった維持力を高まるのです。 奄美群島付近の海水温 は約30度→台風が発達する目安より3度も高いのです。 海水温が高いと台風の大量の水蒸気を補給して発達高い海水温がエネルギーをひき起こすのです。
また、四国沖でも28度~29度のまま台風は発達していてたのです。滋賀県で湖の中央からななめに糸魚川に方向し、氾濫していました。北陸の接近し、東北地方に方向接近もします。更に、猛暑にも影響しています。 

最高気温
宮崎県・延岡北浦で37.1
宮崎日向で37
高知・大分で36.5
広島で36
和歌山・新宮で35.5
東京都心で33.9

こちらもなぜなのか。台風5号にも関係しています。
気温と上空の風が台風の反時計回りをしていて、中国大陸方から流れています。その結果、予想最高気温
甲府市で38℃
東京都心・さいたま・静岡で37℃
横浜で36℃
名古屋・京都で35℃

台風とどうなるのか、北陸・東北で大雨
関東・甲信で猛烈な暑さ

台風5号の時速15km/h自転車なみの速度になっているのです。秋田県では温帯低気圧に変わり、大雨にも警戒する必要があります。

【ゲリラ豪雨】雨雲の速度が遅くなり、同じエリアで豪雨をかかり、引き起こしています。強い上昇気流にやって積乱雲が発達。空気中でいうと地面熱せられた下の空気が軽くなり、上昇気流が発生しているということになるのです。上昇気流が発生すると水蒸気が凝結して、雲粒になって それが積乱雲に発達します。(どういう意味ですか)つまり、地上付近空気が日差しなどで暖められ、大気の状態が不安定になり、激しい雷雨で突然の猛烈な大雨が降るとなるい言うことです。先月ように、例年に比べ極体が続くとより不安定がなりやすいのです。

1
暖かく湿った空気が流れ込む

2
上空に寒気が入る

3
全線や風の収束が起こる

10分~20分で急発達するものなのです。
急にひんやりした風が吹いてくるとか、サインを見逃さないと言うことが大事と思います。ようするに、九州北部豪雨の福岡県朝倉市や大分県の日田市や秋田県の雄物川や滋賀県の姉川のように氾濫発生 決壊が長時間続く可能性があるのです。更に、1時間に300mm(ひざしたまで)の雨 叩きつける雨の音で周りの声が聞こえません。15メートルを離れたことろでも周りの声が聞こえません。5メートルからは聞こえました。これが耳の不自由や障害者ではまったくも聞こえません。これは対応が必要です。

また、去年はトリプル台風と言いう現象で東北と北海道で5っの台風が上陸、氾濫被害など影響しました。」

コメント

このブログの人気の投稿

月天ヒーローの強化

月天君
「巨大は私の妄想です。かっこいいでかよね~。(でかよねは偶然でかっこいいと思いました。)」






更にパワーアップ 技は変わっていません。


















島よりも超巨大化になる なお↑このイラストは敵のスーツを乗っ取り正体がバレたため、引き返し島を離れて巨大化になった状況です。この大きさでは敵の攻撃も痛くも痒くもない。腕のリングは敵のものです。

ヒーローの力

ヒーローはカッコイイ!


こんな技も紹介します。

パンチ


キック

硬い物を壊す 破壊力 迫力の技 キックでも壊すことが出来ます。





弾道ミサイル落下時の行動等について

北朝鮮の弾道ミサイルは何度も繰り返しています。政府は、いかなる(豪雨)事態も対応することができるよう。緊張感をた持って必要な対応に万全しています。

では私たちは満一の場合にはどのような行動をしたらいいのでしょうか。

弾道ミサイルは短時間に発射します。ミサイルが日本の落下する可能性がある場合、国民保護情報「Jアラート」を防災行政無線を警報します。

警報では、「ミサイル発射! ミサイル発射! ミサイル発射されたもようです。屋外や地下に避難して下さい。」ちなみに緊急地震警報では、「大地震です。大地震です。」となります。


地震も同じです。

・屋外の場合は、近くに建物の中に避難して下さい。また、近くに地下街などがあれば避難して下さい。
近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守って下さい。

・屋内にいる場合は、窓から離れて地面に頭部を守って下さい。出来れば窓を閉め ガス 水道 換気扇を止めて下さい。なお、この場合はもちろん禁煙です。自爆する恐れがあります。
職場などでも同様に窓際から離れて地下フロアがあれば避難して下さい。

自動車乗車中

自動車運命中の場合は、出来る限り道路側に止めます。やむを得ず道路に放置して避難するときはキーを付けたままにします。(東日本大震災でも津波が到達が早くなり、この時 避難にもキーを付けたまま避難していました。)

テレビやラジオや地元の消防や警察など正しい情報収集に努めて下さい。(豪雨や地震にも対応して下さい。)


地震発生の行動等について
http://ursiteh.blogspot.jp/2017/10/blog-post.html