スキップしてメイン コンテンツに移動

ダークが平和な心強いに生まれ変わる・クッパ7人衆

1995年から、星のカービィ 大ボス ダークシリーズが登場した、人を操りするやっかいな物 攻撃力もパーワアップ 恐怖でも支配することに 本来は、大人しい物ですが、心の中の悪い物が取りつかれると、ダークされることも存在します。
でも、勇者が必ず助けてくれる、きっと戻してくれると思います。 ダークは、なくします。平和の為にします。 これからは、スターの仲間にします。 その名は「星人スター軍団」となのりました。

星人スター軍団は、20周年(悪までも、ダークが誕生したのです。)


戦士 マター (1995年3月21日誕生(当時は、1月17日に発生した、淡路大震災) 「ダークマター」星のカービィ2より


リングの空 0.2(ゼロツー) (2000年3月24日誕生 「ゼロツー」星のカービィ64 2015年15周年より)



太陽の豊(ゆたか) マインドスター (2004年4月15日誕生 「ダークマインド」 星のカービィ鏡の大迷宮より) 可愛い。 ここのブログの担当者です。



星の魔法 ゼロスター (2006年11月2日誕生 「ダークゼロ」 星のカービィドロチェ団より)
これも、可愛い。




宇宙隊 マホロアスター (2011年10月24日誕生 (当時、3月11日に発生した、東日本大震災)「アホロアソウル」 星のカービィWiiより)



クッパ7人衆について

こちらはマリオシリーズにクッパの関係する「クッパ7人衆(Koopalings)」

ラリー(サーキットではない)

モートン

ウィンディ(ウェンズデーではなく)

イギー

ロイ

レミー(ピアノのことではない)

ルドウィッグ


彼らは、1988年(1960年の東京オリンピックから18年後) スーパーマリオシリーズで登場 飛行船でポスとするクッパ7人衆です。ステージ順は先ほどの名前が表しています。一言は「俺たち、イタズラ大好きさ。」と言っていました。クッパの7人子供たち、「コクッパ7人兄弟」としてデビュー。しかし、この頃はまだ名前がなく、「コクッパ1号」や「コクッパ2号」と呼ばれていたとか思います。1990年 スーパーマリオワールド
登場順 イギー、モートン、レニー、ルドウィッグ、ロイ、ウェンディ、ラリー

スーパーマリオワールドより、「コクッパ7人衆」に総称が変更。

ヨッシーのロードハンティング
登場順 レミー、ルドウィッグ、ウェンディ、ラリー、モートン、イギー、ロイ

2003年 マリオ&ルイージRPG
登場順 イギー、モートン、レミー、ルドウィッグ、ロイ、ウェンディ、ラリー

2005年 「スーパープリンセスピーチ」の予定が存在していない。

2006年 「Newスーパーマリオブラザーズ」では存在していない。

2009年 「NewスーパーマリオブラザーズWii」
登場順 ラリー、ロイ、レミー、ウェンディ、イギー、モートン、ルドウィッグ

この作品で彼らが6年以来と立ちましたが、全員が「クッパの手下」という設定に変更されました。実は2002年 スーパーマリオシャインでママを探していたクッパの新たなる子供が存在していました。その名も「クッパjr(ジェニーア)」これは鉄道のJR線ではありません。
また、1995年 ヨッシーアイランドで「ベビークッパ」が登場し、2002年が「クッパjr」が登場して、二人がそっくりと私も思いましたが、実は無関係と分かりました。非常に印象的があると言われています。
さて続きを その為「クッパ7人兄弟」を「クッパ人衆」に総称に変更されました。これは彼らの成長が一歩進んできたのですと思います。

2012年 Newスーパーマリオブラザーズ(集めてコイン編)
登場順 ロイ、イギー、ラリー、ウェンディ、モートン、レミー、ルドウィッグ

スーパーマリオブラザーズWiiU
登場順 レミー、モートン、ラリー、ウェンディ、イギー、ロイ、ルドウィッグ

2013年 マリオカートアーケードグランプリDX

マリオカート8 
重量(軽い順) レミー、ラリー、ウェンディ、ルドウィッグ、イギー、ロイ、モートン

2014年 スマブラ3DS/WiiU
カラーバリエーション並び順 ラリー、ロイ、ウェンディ、イギー、モートン、レミー、ルドウィッグ

2015年 パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズエディション
登場順 ラリー、レミー、モートン、ウェンディ、イギー、ロイ、ルドウィッグ

マリオ&ルイージRPGペーパーマリオMIX
登場順 ロイ、ウェンディ、ルドウィッグ、ラリー、イギー、レミー、モートン

2016年 マリオ&ソニックAT リオオリンピック
当時している7人衆 ラリー、ウェンディ、ルドウィッグ、ロイ(*ルドウィッグ、ロイは3DS版のみ本人参戦)
現実、東京リオパラリンピックが2020年に賑わいことで、クッパ7人衆も一歩進めていました。しかし、熊本地震や新豊洲市場よる問題が発生し、東京リオパラリンピックにも影響が明らかに判明したと言いうところです。また、2017年には地下鉄初の東京メトロ銀座線は90周年が迎えるため、東京リオパラリンピックも関係してきました。NKHではマリオとドラえもんが登場し。都内でドカンで会場にマリオだと思ったら、あの安倍総理大臣が出てきました。安倍さんは、市民に否認されたこともありました。

スーパーマリオカラースプラッシュ

モートン、イギー、ルドウィッグ、ウェンディ、ラリー、レミー、ロイ

2017年 マリオカート8デラックス
マリオカート8と同じ重量順
現実 そんな、4月28日に発売されましたが、次の朝、北朝鮮の弾道ミサイルが発射したことを受け 東京にJアラートを警報 鉄道が見合わせることや東京メトロでは10分間異常がなければ運行再開されましたが、今後、Jアラートを統一します。

彼らは、色んなちょうせんすると思います。それは、東京リオパラリンピックためにも重要人物ともされています。

クッパについて

クッパの名前は由来し同名の韓国料理(クッパ)ですが、なぜそのような閃きがついたのかと言いうと、1985年「スーパーマリオブラザーズ」の開発者たちがクッパの名前を決めているときにねあるスタッフが「焼肉屋にいってクッパを食べたい」と言ったためだと言われています。しかし、クッパを焼肉のことを勘違いしていた宮本茂さんが焼肉だから強そう(強い印象)と思ってつけたという説もあります。そして、クッパの外見をみるとデビュー当時と今では全然違います。この「スーパーマリオブラザーズ」のクッパのデザインは当時、宮本茂さんが西遊記の牛魔王をイメージして書かれました。
 ピーチ姫をさらう理由について
 実はとあるテレビ番組で、クッパがピーチ姫をさらう理由について「コクッパ(現在 クッパ7人衆)」たちの母親にするため」という嘘(デマ)を言っていたのです。

1985年発売の「スーパーマリオブラザーズ」と1996年発売の「スーパーマリオブラザーズ2」では「キノコ一族はクッパの魔力により岩やレンガ、つくしなどに姿を変えられてしまい、その魔法を解くことができるのはピーチ姫たげ」そうです、クッパが企んでいたのは魔法の目的だったのです。この設定は現在はあるのかどうかは不明、もしくは消滅している設定です。また、2010年発売された


コメント

このブログの人気の投稿

月天ヒーローの強化

月天君
「巨大は私の妄想です。かっこいいでかよね~。(でかよねは偶然でかっこいいと思いました。)」






更にパワーアップ 技は変わっていません。


















島よりも超巨大化になる なお↑このイラストは敵のスーツを乗っ取り正体がバレたため、引き返し島を離れて巨大化になった状況です。この大きさでは敵の攻撃も痛くも痒くもない。腕のリングは敵のものです。

ヒーローの力

ヒーローはカッコイイ!


こんな技も紹介します。

パンチ


キック

硬い物を壊す 破壊力 迫力の技 キックでも壊すことが出来ます。





弾道ミサイル落下時の行動等について

北朝鮮の弾道ミサイルは何度も繰り返しています。政府は、いかなる(豪雨)事態も対応することができるよう。緊張感をた持って必要な対応に万全しています。

では私たちは満一の場合にはどのような行動をしたらいいのでしょうか。

弾道ミサイルは短時間に発射します。ミサイルが日本の落下する可能性がある場合、国民保護情報「Jアラート」を防災行政無線を警報します。

警報では、「ミサイル発射! ミサイル発射! ミサイル発射されたもようです。屋外や地下に避難して下さい。」ちなみに緊急地震警報では、「大地震です。大地震です。」となります。


地震も同じです。

・屋外の場合は、近くに建物の中に避難して下さい。また、近くに地下街などがあれば避難して下さい。
近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守って下さい。

・屋内にいる場合は、窓から離れて地面に頭部を守って下さい。出来れば窓を閉め ガス 水道 換気扇を止めて下さい。なお、この場合はもちろん禁煙です。自爆する恐れがあります。
職場などでも同様に窓際から離れて地下フロアがあれば避難して下さい。

自動車乗車中

自動車運命中の場合は、出来る限り道路側に止めます。やむを得ず道路に放置して避難するときはキーを付けたままにします。(東日本大震災でも津波が到達が早くなり、この時 避難にもキーを付けたまま避難していました。)

テレビやラジオや地元の消防や警察など正しい情報収集に努めて下さい。(豪雨や地震にも対応して下さい。)


地震発生の行動等について
http://ursiteh.blogspot.jp/2017/10/blog-post.html