弾道ミサイル落下時の行動等について

北朝鮮の弾道ミサイルは何度も繰り返しています。政府は、いかなる(豪雨)事態も対応することができるよう。緊張感をた持って必要な対応に万全しています。

では私たちは満一の場合にはどのような行動をしたらいいのでしょうか。

弾道ミサイルは短時間に発射します。ミサイルが日本の落下する可能性がある場合、国民保護情報「Jアラート」を防災行政無線を警報します。

警報では、「ミサイル発射! ミサイル発射! ミサイル発射されたもようです。屋外や地下に避難して下さい。」ちなみに緊急地震警報では、「大地震です。大地震です。」となります。


地震も同じです。

・屋外の場合は、近くに建物の中に避難して下さい。また、近くに地下街などがあれば避難して下さい。
近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守って下さい。

・屋内にいる場合は、窓から離れて地面に頭部を守って下さい。出来れば窓を閉め ガス 水道 換気扇を止めて下さい。なお、この場合はもちろん禁煙です。自爆する恐れがあります。
職場などでも同様に窓際から離れて地下フロアがあれば避難して下さい。

自動車乗車中

自動車運命中の場合は、出来る限り道路側に止めます。やむを得ず道路に放置して避難するときはキーを付けたままにします。(東日本大震災でも津波が到達が早くなり、この時 避難にもキーを付けたまま避難していました。)

テレビやラジオや地元の消防や警察など正しい情報収集に努めて下さい。(豪雨や地震にも対応して下さい。)


地震発生の行動等について
http://ursiteh.blogspot.jp/2017/10/blog-post.html



コメント

このブログの人気の投稿